« 先物の呟き | トップページ | 先物の呟き »

2008年2月22日 (金)

先物の呟き

騰落率とNT倍率のRSIは馬鹿にできないということです。半場会チャートの場中自動更新のご依頼を頂戴しているのですが、人的にも手間を考えても今は無理です。場中に閲覧できていれば、昨日中に下振り準備ができていたのに・・・と言われるのも辛い話です。

週足は方向性が見えなく陰線です。日足を見れば13500を挟んで上下していることは確認できるのですが、どちらへ向くかが不透明です。半場足は13600に上窓が空き、一昨日に下三空目となった13440は本日埋まってしまい、今年になってからは下二空の状態です。決まった法則はありませんが、半場足の陽線と陰線の連続性は調べてみて損はないと思います。チャートBは、前場に陰転となり3場連続陰転中です。月曜前場の陽転ポイント値は13520,13530,13590に設定です。

オプションは大外付近の行使価格帯が落ち着きを取り戻し、3月になればスパン証拠金が下がり一層大外が売りやすくなるはずです。まだSQまで3週間もありますので、売りは小さいことからコツコツと、買いは流れに沿って1桁から2桁にプレミアムが台替わりするところを大胆にロット勝負です。売り板を己の注文で全部買い取る感覚を味わってください。例えば、売り板が25枚となっている場合は、少し余計目に30枚ほど買いを入れて新たに5枚分の買い板を見せた方が、売り方の買戻しを誘発しやすいものです。売り方さんに恐怖を感じさせるのが買い方の醍醐味です。

|

« 先物の呟き | トップページ | 先物の呟き »